住宅用火災警報器

2019年12月1日

「住宅用火災警報器」を設置しましょう。

 

 

 

消防法が改正され、これに伴い美幌・津別広域事務組合火災予防条例も改正されました。

 

住宅火災による死者を減らす目的から、全ての家に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。

 

 

 

 

「住宅用火災警報器」とは?

 

 

 

住宅火災により発生する又はを自動的に感知し、火災の発生を警報音、音声、光などによって知らせてくれる機器です。

 

火災警報器の設置により、火災発生をいち早く発見し、初期消火や119番通報が早まり、早く避難が出来るようになります。

 

 

 

 

「住宅用火災警報器」の設置場所はどこ?

 

 

 

設置場所は、ふだん就寝に使う部屋(寝室)に設置することになっています。

 

寝室が2階以上にある場合には、その階段にも設置しなければなりません。

 

住宅用火災警報器は本体の機能にもよりますが、安価なもので1個2~3千円程度で

 

ホームセンターや家電量販店で販売されています。

 

 

 

 

 

住宅用火災警報器の有効な設置場所図

 

 

 

 

 

 

住宅用火災警報器は10年経ったら取り替えましょう!!

 

 

 

住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあるため、

 

とても危険です!設置から10年を目安に交換しましょう。

 

 

 

○ 設置時期を調べるには?


    住宅用火災警報器を設置した際に記入をした「設置年月日」または、本体に記載されている「製造年」を

 

     確認してください。

 


○ 作動確認について
  

     点検ボタンを押すか点検ひもを引っ張り、定期的に作動確認をしましょう。

 


※ 作動確認をしても住宅用火災警報器に反応がなければ、本体の故障か電池切れです。

 

     新たな住宅用火災警報器に交換しましょう。

 

 

 

ピピ ピーピーピー

ピーピーピー 火事です

 

 

 

 

美幌町の住宅用火災警報器設置率

 

                 70.2%  (令和元年6月末現在)

津別町の住宅用火災警報器設置率

 

                 82.8%  (令和元年6月末現在)

 

 

 

 

 

 

 

 

美幌・津別広域事務組合管内での住宅用火災警報器設置率

 

                 70.25%  (令和元年6月末現在)

 

消防車

 

設置率が100%となるよう、まだ設置されていないご家庭は、

 

火災から大切な命を守るため、自分自身の命を守るため、設置をお願いします。

          

お問い合わせ

消防本部グループ
予防担当
電話:0152-73-1308
ファクシミリ:0152-72-0664